鳩山一郎(読み)はとやまいちろう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鳩山一郎
はとやまいちろう
(1883―1959)

政治家。東京生まれ。衆議院議長鳩山和夫(かずお)の長男。1907年(明治40)東京帝国大学英法科卒業後、弁護士。東京市会議員から1915年(大正4)衆議院議員、立憲政友会に属した。1927年(昭和2)幹事長を経て田中義一内閣書記官長。1931年犬養毅(いぬかいつよし)、1932年斎藤実(さいとうまこと)両内閣の文部大臣となり、1933年大学の自治・学問の自由を侵害した京大滝川事件を引き起こした。1942年の翼賛選挙では非推薦で当選。第二次世界大戦敗戦後の1945年(昭和20)10月日本自由党を創立し総裁に就任。1946年組閣直前に公職追放され後継者として吉田茂に総裁を譲った。1951年自由党に復帰し、鳩山派を形成して吉田と激しく指導権を争った。1953年3月分党派自由党を結成。1954年改進党との合同によって日本民主党を結成し総裁に就任。同年12月吉田内閣退陣後、念願の内閣を組織し、憲法改正・再軍備および対ソ連・中国との国交回復など反吉田路線を推進した。

 1955年11月自由党との保守合同をなし自由民主党を結成し、翌1956年4月初代総裁に就任。同年5月日ソ漁業条約を締結し、10月自ら訪ソして日ソ共同宣言に調印した。ソ連との国交回復を果たし、また12月に国連加盟を達成したのを機会に引退した。生粋(きっすい)の政党人として衆議院当選15回(東京1区)の最長老議員であった。

[荒 敬]

 息子の威一郎(いいちろう)、孫の由紀夫、邦夫も政治家となり、由紀夫は首相を務めた。

[編集部]

『鳩山一郎著『私の自叙伝』(1951・改造社)』『鳩山一郎著『鳩山一郎回顧録』(1957・文芸春秋新社)』『伊藤隆、季武嘉也編『鳩山一郎・薫日記』上下(1999、2005・中央公論新社)』『宮崎吉政著、細川隆元監修『日本宰相列伝19 鳩山一郎』(1985・時事通信社)』『豊田穣著『英才の家系――鳩山一郎と鳩山家の人々』(1996・講談社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉の解説

はとやま‐いちろう〔‐イチラウ〕【鳩山一郎】

[1883~1959]政治家。東京の生まれ。立憲政友会に属し、昭和8年(1933)文相のときに滝川事件を起こした。第二次大戦後自由党を創立して総裁となったが、公職追放。解除後、日本民主党総裁となり、同29年首相就任、ソ連との国交回復を実した。→石橋湛山

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鳩山一郎
はとやまいちろう

[生]1883.1.1. 東京
[没]1959.3.7. 東京
政治家。父は法律学者,衆議院議長の鳩山和夫。 1907年東京大学法学部を卒業し,15年に衆議院に初当選。立憲政友会に属し,26~27年幹事長,27~29年田中義一内閣の書記官長となった。犬養毅内閣で文相をつとめ,滝川事件を起した。第2次世界大戦後,45年に日本自由党結成して総裁。 46年に占領軍により公職追放を受けたが,51年解除。自由党に復帰したが,吉田茂との勢力争いがこじれて 54年には改進党や,自由党の反吉田勢力を糾合して結成された日本民主党の総裁となり,同年首相となった。 55年に2次,3次内閣を組閣した。 56年日ソ国交回復を実現,同年辞職した。『鳩山一郎回顧録』 (1957) がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

鳩山一郎【はとやまいちろう】

政治家。東京出身。東大卒。民法学者鳩山秀夫の兄。1915年から政友会の代議士となり,犬養毅斎藤実内閣の文相となり,滝川事件を起こした。第2次大戦後日本自由党を結成,1946年組閣寸前に公職追放となった。1954年日本民主党を結成,首相となり,翌年自由党と合同し自由民主党総裁となる。→鳩山一郎内閣吉田茂
→関連項目石橋湛山内閣緒方竹虎河野一郎古島一雄斎藤実内閣自由党(日本)日ソ共同宣言鳩山由紀夫前田米蔵

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鳩山一郎 はとやま-いちろう

1883-1959 大正-昭和時代の政治家。
明治16年1月1日生まれ。鳩山和夫・鳩山春子長男大正4年政友会から衆議院議員当選し,犬養(いぬかい)・斎藤両内閣の文相。戦後,日本自由党を結成し総裁となる。昭和21年組閣寸前に公職追放。解除後,吉田茂と政権をあらそい,29年日本民主党を結成,3次にわたり組閣し,日ソ国交回復を実現した。31年自民党初代総裁。当選15回。昭和34年3月7日死去。76歳。東京出身。東京帝大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

旺文社日本史事典 三訂版の解説

鳩山一郎
はとやまいちろう

1883〜1959
大正・昭和期の政治家
東京の生まれ。東大卒業後弁護士を開業。1915年政友会代議士となり,以後犬養毅・斎藤実 (まこと) 両内閣の文相を歴任。この間滝川事件をおこした。敗戦後の '45年日本自由党を結成し,初代総裁に就任したが,'46年公職追放となった。'51年追放解除後吉田茂派と抗争して,'54年日本民主党を結成した。その後,首相に就任して,日ソ国交回復と日本の国連加盟を実現した。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

はとやま‐いちろう【鳩山一郎】

政治家。東京出身。和夫の長男。東京帝国大学卒業後弁護士開業。のち代議士当選、立憲政友会幹事長。昭和二年(一九二七)田中内閣の書記官長、同六~七年犬養・斎藤内閣文相となり滝川事件を起こす。第二次世界大戦後、日本自由党結成、総裁となるが公職追放。二六年政界復帰、二九年日本民主党総裁、同年首相。三一年日ソ国交回復を実現。明治一六~昭和三四年(一八八三‐一九五九

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

はとやまいちろう【鳩山一郎】

1883‐1959(明治16‐昭和34)
大正・昭和期の政治家。東京出身。父和夫は衆議院議長,母春子は共立女子職業学校(現,共立女子大)創設者。1907年東京帝国大学英法科卒業。15年代議士に当選し,一時政友本党に入党したほかは立憲政友会に属す。田中義一内閣書記官長,犬養毅・斎藤実両内閣の文相を歴任,滝川事件を引き起こした。39年の政友会分裂には久原房之助派に属し,41年斎藤隆夫懲罰問題を機に同交会を結成,翼賛選挙には非推薦で当選,反軍政治家の一人となる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の鳩山一郎の言及

【河野一郎】より

…42年の翼賛選挙では非推薦で当選した。戦後は,45年日本自由党結成に参画,鳩山一郎総裁の下に初代幹事長となったが,翌46年鳩山とともに公職追放された。51年追放解除後,鳩山を擁して吉田茂長期政権打倒の争いを続け,54年末鳩山一郎内閣を実現させ,農相に就任。…

【自由党】より

…これらの吉田内閣を支えたのが自由党であり,党名は日本自由党,1948年3月に民主自由党(民自党),50年3月に自由党へと変遷した。 1945年11月9日,鳩山一郎を総裁とし,幹事長を河野一郎とする日本自由党が結党された。1週間遅れて結党された日本進歩党が大日本政治会の多数を結集し旧政党復活の印象を与えたのに対し,自由党は旧政党人であっても翼賛体制下における反東条派を結集する姿勢を示し,西尾末広など社会民主主義者の一部をも包含する動きを見せた。…

【保守合同】より

…1952年4月のサンフランシスコ講和発効後,政界に復帰した追放解除者と戦後派保守政治家との対立がしだいに表面化した。占領軍による覚書追放者鳩山一郎と,彼の後継者の自由党総裁吉田茂の確執はその象徴である。鳩山のほか三木武吉,河野一郎,石橋湛山らは53年3月分党派自由党を結成したが,4月総選挙では吉田派199名に対し35名と振るわず,11月鳩山ら多数は自由党に復党,三木,河野ら8名は日本自由党に改組して吉田と対立した。…

※「鳩山一郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android