大久保意吉(読み)おおくぼ いきち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大久保意吉 おおくぼ-いきち

1866-1945 明治-昭和時代前期の畜産家。
慶応2年4月15日生まれ。生地茨城県朝日村(阿見町)の産馬組合長,村農会会長,村長歴任明治21年から牧場を経営し,飼料の改良,優良馬の導入,種付け所や競馬場の設置につくす。農家の副業として綿羊飼育を普及させた。昭和20年12月14日死去。80歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

正義マン

倫理上問題がある行為などに対して過剰に反応し、正義感を振りかざして騒ぐ人を指すインターネットスラング。2019年10月の消費税増税と軽減税率制度の実施に伴って「イートイン脱税」が発生した際、これを店員...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android