コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大久保漣々(2) おおくぼ れんれん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大久保漣々(2) おおくぼ-れんれん

1836-1886 幕末-明治時代の俳人。
天保(てんぽう)7年生まれ。先代大久保漣々の子。はじめ芙蓉庵(ふようあん)富水と号したが,のちに父の号花墻(はながき)漣々をついだ。父の一周忌に発句集「漣々小祥忌」を刊行した。明治19年3月5日死去。51歳。江戸出身。名は忠保。通称は伊三郎。別号に畳山居,千茅老人。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大久保漣々(2)の関連キーワード明治時代幕末天保俳人

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android