大伴像見(読み)おおともの かたみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大伴像見 おおともの-かたみ

?-? 奈良時代の官吏。
天平宝字(てんぴょうほうじ)8年(764)藤原仲麻呂(恵美押勝(えみの-おしかつ))の乱の功で従五位下をさずけられ,神護景雲(じんごけいうん)3年左大舎人助(ひだりのおおとねりのすけ)となり,のち従五位上にすすむ。「万葉集」に5首の歌がおさめられている。名は形見,方見ともかく。
【格言など】一瀬には千たび障(さは)らひ逝く水の後にも逢はむ今ならずとも(「万葉集」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android