コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大伴子虫 おおともの こむし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大伴子虫 おおともの-こむし

?-? 奈良時代の官吏。
長屋王につかえ,目をかけられた。天平(てんぴょう)10年(738)左兵庫少属(さひょうごのしょうさかん)のとき中臣宮処東人(なかとみのみやこの-あずまひと)をきり殺す。東人は神亀(じんき)6年長屋王の謀反(むほん)を密告した人物で,囲碁の最中に王のことが話題になり犯行におよんだ。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android