コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大伴部博麻 おおともべの はかま

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大伴部博麻 おおともべの-はかま

?-? 飛鳥(あすか)時代の兵士。
筑紫(つくし)の人。斉明(さいめい)天皇7年(661)百済(くだら)(朝鮮)救援軍にしたがい,唐(中国)の捕虜となる。天智(てんじ)天皇3年に唐の日本出兵計画を知り,本国につげるため,自分の身を売って費用を捻出し仲間を帰国させる。在唐30年,持統天皇4年に帰国。水田物品をさずかった。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の大伴部博麻の言及

【筑後国】より

…久留米市の高良(こうら)山と山門郡の女山(ぞやま)には7世紀に築造された山城址の神籠石(こうごいし)が見られ,浮羽郡から久留米市にかけての旧竹野・山本両郡域では条里制地割が今日に残り,小郡市の小郡官衙跡は御原郡衙跡に比定される。7世紀後半の百済の役には多くの人々が動員されたらしく,唐の捕虜となった上陽咩(かみつやめ)(八女)郡人の大伴部博麻は690年に約30年ぶりに帰国している。8世紀初頭の筑後守道首名(みちのおびとな)は大宝律令の編纂にも参画した学者で,肥後守を兼任して農事奨励や池溝開鑿など民政に治績をあげ,任地で没したが,当代を代表する能吏の一人に数えられる。…

※「大伴部博麻」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大伴部博麻の関連キーワード土師富杼あすか氷老人義徳筑紫

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android