コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大倉亀洞 おおくら きどう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大倉亀洞 おおくら-きどう

1795-1870* 江戸時代後期の和算家。
寛政7年生まれ。備前(岡山県)の人。30歳のころより自宅でおしえる。近隣各地から入学する者がおおく,美作(みまさか)(岡山県)まで講義にでむいたという。明治2年12月19日死去。75歳。通称は吉郎兵衛。著作に「算法規矩」「天元秘術」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大倉亀洞の関連キーワードモルガン財閥エッジワース国民公会スタニスワフ・アウグスト・ポニャトフスキ総裁政府幽霊(亡霊)製糸業日本科学史浦靱負神社覈録

今日のキーワード

先輩証

文部科学省のOBなどが同省内に自由に出入りできる通行証のこと。同省の違法な天下りあっせん問題を受け、防止策の一環として2017年3月末で廃止(交付停止・使用禁止)となった。正式名称は「文部科学省先輩証...

続きを読む

コトバンク for iPhone