コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大入川 おおにゅうがわ

1件 の用語解説(大入川の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

おおにゅうがわ【大入川】

愛知県北東部,長野県境の津具村北部に源を発して南東流し,豊根村で古真立(こまだて)川を合流して静岡県佐久間町浦川で天竜川支流の振草川に注ぐ川。全長29km,流域面積151km2。下流の東栄町で大入渓谷とよぶ渓谷美をつくるが,過疎化で廃村も生じた。中流では新豊根ダム(112.5万kW)が1972年に完成。上流の津具村では沖積地が広がり水田が多い。流域の各村落には霜月神楽である花祭(大入系)がみられ,民俗芸能の宝庫といわれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大入川の関連キーワード姉川大野川犀川渚滑川裾花川茶臼山宮川荒川峡渋海川夏目一平

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大入川の関連情報