コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大入川 おおにゅうがわ

世界大百科事典 第2版の解説

おおにゅうがわ【大入川】

愛知県北東部,長野県境の津具村北部に源を発して南東流し,豊根村で古真立(こまだて)川を合流して静岡県佐久間町浦川で天竜川支流の振草川に注ぐ川。全長29km,流域面積151km2。下流の東栄町で大入渓谷とよぶ渓谷美をつくるが,過疎化で廃村も生じた。中流では新豊根ダム(112.5万kW)が1972年に完成。上流の津具村では沖積地が広がり水田が多い。流域の各村落には霜月神楽である花祭(大入系)がみられ,民俗芸能の宝庫といわれる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大入川の関連キーワード愛知県北設楽郡豊根村天竜奥三河国定公園豊根[村]

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android