大勝号(読み)たいしょうごう

日本大百科全書(ニッポニカ)「大勝号」の解説

大勝号
たいしょうごう

北海道炭礦鉄道(ほっかいどうたんこうてつどう)の手宮(てみや)工場で、1895年(明治28)に日本人だけで製造した国産第2号機関車。弁慶号(べんけいごう)、義経号(よしつねごう)を参考としたため、煙突や運転室の形状が異なるほかは、仕様はほとんど両機関車と同様である。完成したときに日清戦争(にっしんせんそう)が勝利に終結したので「大勝号」と命名された。形式は7150形。1954年(昭和29)に国鉄苗穂工場で復原され、現在は小樽市総合博物館(おたるしそうごうはくぶつかん)に保存されている。現存する国産機関車としては最古のもので、1964年に準鉄道記念物に指定され、2010年(平成22)に鉄道記念物に昇格された。

[松澤正二]

『臼井茂信著『国鉄蒸気機関車小史』(1956・鉄道図書刊行会)』


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android