コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大口電力使用量 オオクチデンリョクシヨウリョウ

1件 の用語解説(大口電力使用量の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

おおくちでんりょく‐しようりょう〔おほくちデンリヨクシヨウリヤウ〕【大口電力使用量】

景気動向指数一致指数を構成する経済指標の一つ。契約電力または自家発電消費電力が500キロワット以上の工場などで産業用に使用される電力量。電気事業連合会が公表する「電力需要実績」のデータをもとに、内閣府が独自に季節調整を行って用いている。産業用電力の使用量は、景気が上昇して生産活動が活発になると増加し、景気が後退して生産活動が鈍化すると減少するため、景気の動向と連動して動く傾向がある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大口電力使用量の関連キーワード一致指標ディフュージョンインデックス一致指数コンポジットインデックス先行指数遅行指数投資財出荷指数ZEW景況感調査景気動向指数(DI:Diffusion Index)景気の一致指数

今日のキーワード

朝鮮大学校

東京都小平市にある在日朝鮮人子弟のための学校。1956年設立,1968年各種学校として認可。朝鮮総連系の東京朝鮮学園が経営。大学教育に準ずる民族教育を目的とし,4年制の文学,歴史地理,政治経済,経営,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大口電力使用量の関連情報