コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大司空 ダイシクウ

2件 の用語解説(大司空の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

だい‐しくう【大司空】

古代中国の官名。代には冬官の長として土木工作をつかさどった。代に監察を任とした御史大夫を改称し、大司馬大司徒とともに三公と称した。後漢以降は司空という。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の大司空の言及

【御史台】より

…別に御史中丞が15人の侍御史をひきい,殿中蘭台にあって秘書を管理し,殿中で百官を監察し,武帝時代(在位,前140‐前87)に部刺史がおかれるとこれを統轄して監察官の性格が強くなった。後漢初,光武帝は官制改革を行って機構を簡素化し,皇帝の秘書官は武帝時代におこった尚書が担当し,御史大夫は三公の一つたる大司空となって御史中丞が残り,もっぱら監察の任に当たり,尚書令とともに少府に属した。その役所を御史台(蘭台寺)と呼んだ。…

※「大司空」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone