御史大夫(読み)ぎょしたいふ

世界大百科事典 第2版の解説

ぎょしたいふ【御史大夫】


[中国]
 官名。御史とは語源的には君主側近の書記であるが,漢代以降監察官の名となり,その役所を御史台といい,長官を御史大夫という。唐制では従三品。尚書省の六部尚書,門下省の侍中,中書省の中書令がいずれも正三品であるのとほぼ対等の位階をもち,百官の非違を糾弾する職責に任じた。御史台は日本の律令では弾正台となり,中国でも明・清時代には都察院という名称に変わった。【滋賀 秀三】
[日本]
 天智天皇の時代には大臣の次に置かれた官職名。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ぎょしたいふ【御史大夫】

弾正尹だんじようのかみの唐名。
大納言だいなごんの古名。
中国で、御史の筆頭。丞相じようしよう・太尉と並んで三公の一。官吏の監察・弾劾をつかさどった。秦代におかれ、前漢末に大司空と改められた。隋・唐・元では御史台の長官。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぎょし‐たいふ【御史大夫】

〘名〙
① 中国の官名。秦漢時代、御史の筆頭で、大臣を補佐する国政参議官。その後は御史台の長官として御史を率いた。〔新板職原抄大全(1659)〕
② 大納言の古称または別称。
※年足神社蔵石川朝臣年足墓誌‐(天平宝字六年(762)一二月)「石川石足朝臣長子御史大夫正三位兼行神祇伯年足朝臣」
弾正(だんじょう)の尹(かみ)の唐名。
拾芥抄(13‐14C)中「弾正尹 〈略〉御史大夫、御史尚書」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の御史大夫の言及

【御史台】より

…中国,戦国時代,御史は王に直属する書記官(史官)で,秦・前漢では皇帝に属する秘書官であった。長官は御史大夫で副丞相となり,政策の細目を立案し,御史丞が御史30人をひきい,御史大夫寺にあってこれを助けた。別に御史中丞が15人の侍御史をひきい,殿中蘭台にあって秘書を管理し,殿中で百官を監察し,武帝時代(在位,前140‐前87)に部刺史がおかれるとこれを統轄して監察官の性格が強くなった。…

【大納言】より

…大宝令では定員4名,正三位相当官の公卿で,職田20町,食封800戸,従者として資人100人が給された。制度上の初見は天智朝の官制のときで,初め御史大夫(ぎよしたいふ)と称した。定員は時代によって増減があり,権官の任命も行われた。…

※「御史大夫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android