コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大和美代葵 やまと みよき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大和美代葵 やまと-みよき

1905-1988 昭和時代の大和楽唄方。
明治38年1月17日生まれ。4代杵屋(きねや)佐吉長唄をまなび,佐登と名のる。昭和8年大倉喜七郎がつくった新邦楽大和楽にくわわり三島儷子(れいこ)の名で活躍。50年美代葵と名のり,一派をおこして初代家元となった。昭和63年6月12日死去。83歳。東京出身。本名は阿部君子。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の大和美代葵の言及

【大和楽】より

…新邦楽の一つの典型とされ,富崎春昇(1880‐1958),宮川源司(清元栄寿郎,1904‐63),原信子(1893‐1979)らが指導者で,代表的な歌い手は岸上きみ(1898‐1962),三島儷子(1905‐88)らであった。68年2派に分裂し,三島改め大和美代葵(みよき)と大和久満(ひさみつ)(芳村伊十七,1938‐ )らの派が活躍。大和久満には芳賀稔(はがみのる)の筆名で《四季の花》ほかの作品がある。…

※「大和美代葵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大和美代葵の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android