コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大和楽 やまとがく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大和楽
やまとがく

三味線声曲の一流派。諸流派 (一中節河東節宮薗節清元節など) の特色を生かし,また洋楽の理念をも参照して自由な曲想の小編歌謡を作成,演奏した流派。提唱者は実業家大倉喜七郎であるが,実際上の創設者は作曲者で三味線演奏家の宮川源次 (清元栄寿郎) 。唄方として三島麗子 (のちの1世家元大和美代葵〈みよき〉) らが著名。第2次世界大戦後も存続し,新邦楽曲に大きな影響を与えた。 1987年三味線方の大和久満が2世家元となり,流派を継承した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

大和楽【やまとがく】

日本音楽の種目名。大倉喜八郎の子の大倉喜七郎〔1882-1963〕が1933年創案した新種目。清元節,一中節,河東節,宮薗節,荻江節などの三味線音楽の特色をとり入れ,これに洋楽器や洋楽の手法を加味して新しい自由な邦楽を創作しようとした。しかし,洋楽との妥協を避け,伝統音楽の曲風を守ろうとしたことが特色。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

やまとがく【大和楽】

三味線音楽の一種目。1933年大倉財閥の2代目大倉喜七郎(1882‐1963)が創始。邦楽に洋楽の発声をとり入れたもので,東明節(とうめいぶし)の影響も認められる。新邦楽の一つの典型とされ,富崎春昇(1880‐1958),宮川源司(清元栄寿郎,1904‐63),原信子(1893‐1979)らが指導者で,代表的な歌い手は岸上きみ(1898‐1962),三島儷子(1905‐88)らであった。68年2派に分裂し,三島改め大和美代葵(みよき)と大和久満(ひさみつ)(芳村伊十七,1938‐ )らの派が活躍。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大和楽
やまとがく

邦楽の種目名。大倉組を創始した大倉喜八郎の長男喜七郎(1882―1963)が、1933年(昭和8)に創流した新邦楽。洋楽に造詣(ぞうけい)の深い大倉は、その知識や技術を三味線音楽に導入して、自ら『田植』『砧』(きぬた)などをつくった。歌い手の岸上(きしがみ)きみも、38年ごろには『狐』(きつね)『隅田川』(ともに長田幹彦(ながたみきひこ)作詞)を手がけたという。そのころ宮川寿朗(じゅろう)(清元栄寿郎)が参加する。東明(とうめい)流に堪能な宮川は、東明独特の手法を持ち込んで『あやめ』『雪折竹』(ゆきおれだけ)などをつくった。また『うぐいす』のように、東明流『春の鳥』かと聞き誤るばかりの曲をも自作として世に問うた。大和楽団の第1回演奏会は43年のことで、浅井丸留子(まるこ)や伊能(いのう)はつ枝らは、藤間勘素娥(かんそが)・花柳寿輔(じゅすけ)ら舞踊家を交えて日比谷(ひびや)公会堂で開催した。68年(昭和43)2派に分裂。76年、三島儷子(れいこ)は大和美世葵(みよき)と改名して家元となり、長唄の芳村伊十七(よしむらいそしち)を三味線に迎えた。伊十七は大和久満と名のるが、別に芳賀稔の名で『花吹雪』(はなふぶき)などを作曲している。[倉田喜弘]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の大和楽の言及

【清元節】より

…小唄の曲節には,清元のそれを基本としたものが多く,発声法などに大きな影響がみられる。また大倉喜七郎から発した〈大和楽(やまとがく)〉も清元を母体としており,清元栄寿郎が力を注いだこともあって,その影響が強く感じられる。
[代表曲]
 5世延寿太夫時代までの代表曲はおよそ60曲,ほかに富本節からの移行曲が15曲ほどある。…

【平岡吟舟】より

…代表作に《大磯八景》《向島八景》《都鳥》《東明獅子》などがある。東明節の創始は2世稀音家浄観(きねやじようかん),2世清元寿兵衛(3世清元梅吉),大和楽(やまとがく)の清元栄寿郎などに影響を与えた。また,アメリカから帰国後,日本最初の野球チーム〈新橋アスレチック・クラブ〉をつくって日本の初期野球の基礎をつくったのをはじめ,ローラースケートの道具を持ち帰って普及に努めるなど,その多彩な活動で築いた財を一代で散じ,〈平岡大尽〉などとも呼ばれた。…

※「大和楽」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

大和楽の関連キーワード冨士田 新蔵立花家 歌子藤井 久仁江大倉 喜七郎大和 美世葵清元 栄寿郎水藤 錦穣山村 楽正岸上 きみ

今日のキーワード

ICT

情報・通信に関する技術の総称。従来から使われている「IT(Information Technology)」に代わる言葉として使われている。海外では、ITよりICTのほうが一般的である。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android