コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大喜豊助 おおき とよすけ

2件 の用語解説(大喜豊助の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大喜豊助 おおき-とよすけ

1813-1858 江戸時代後期の陶工。
文化10年生まれ。豊楽(とよらく)焼4代。天保(てんぽう)13年尾張(おわり)名古屋藩の陶器師となる。器の表面に漆をぬり蒔絵(まきえ)をほどこした木具写(きぐうつし)を考案したとされる。安政5年11月13日死去。46歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

大喜豊助

没年:安政5.11(1858)
生年:文化9(1812)
幕末の名古屋の文人,陶工。自然翁豊楽と号した。本姓は高木で,母の姓の大喜に変えた。書や茶道を天満屋曲全に学び,俳句は吉原黄山に師事。製陶は加藤豊八に学ぶ。一種の楽焼に近い青釉を施し,器の外面に漆を塗って蒔絵を施したり,素焼きの土の色変わりを利用して墨流しの効果を上げたり,彫刻を施したり,既成の技とはちがった工夫をこらして,人気を博した。天保13(1842)年尾張(名古屋)藩の御用陶器師となり,徳川斉荘から豊楽の2字の額を拝領したので,その作品を豊助楽,豊楽焼と呼んだ。

(矢部良明)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大喜豊助の関連キーワード関戸守彦名古屋帯名古屋商科大学名古屋扇名古屋甚句豊楽門豊楽焼大有り名古屋の金の鯱加藤利慶森本善七

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone