大団円(読み)だいだんえん

精選版 日本国語大辞典「大団円」の解説

だい‐だんえん ‥ダンヱン【大団円】

〘名〙 小説、劇などの終わり、または最終のこと。特に、最後がめでたくおさまること。おおぎり。
※随筆・羇旅漫録(1802)二「水滸後伝〈略〉第四十回荐故歓燈同宴楽 賦詩演戯大団円」
※森鴎外(1954)〈高橋義孝〉二「ゲーテの死は、光栄に充ち満ちた完成、悦ばしき大団円として受けとられはするが」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「大団円」の解説

だい‐だんえん〔‐ダンヱン〕【大団円】

演劇や小説などの最後の場面。すべてがめでたく収まる結末についていう。「大団円を迎える」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の大団円の言及

【カタストロフィー】より

…ものごとの破局,大詰め,大団円のこと。原義ギリシア語のkatastrophēは〈下にくつがえす〉という動詞に由来し,転倒や破滅を意味する。…

※「大団円」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

グレコローマンスタイル

アマチュアのレスリング競技形式の一種。競技者は腰から下の攻防を禁じられており,上半身の攻防のみで戦う。ヨーロッパで発生したのでヨーロッパ型レスリングとも呼ぶ。古代ギリシア時代から行なわれていた型が受け...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android