コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大切(り) オオギリ

デジタル大辞泉の解説

おお‐ぎり〔おほ‐〕【大切(り)】

大きく切り分けること。また、その切り身。
(縁起をかついで「大喜利」とも書く)
㋐芝居で、その日の最終の幕。
㋑江戸時代の歌舞伎で、二番目狂言世話物)の最終幕。幕末以後の歌舞伎では、二番目狂言のあとにつける一幕物。切(きり)狂言。
寄席で、とりの終わったあとにする演芸。大ぜいで珍芸・謎(なぞ)掛け・言葉遊びなどをするものが多い。追い出し。
物事の終わり。結末。
「誰の恋でもこれが―だよ」〈独歩・牛肉と馬鈴薯

たい‐せち【大切】

[形動ナリ]たいせつ(大切)」に同じ。
「ただいま―に聞こゆべき事のあるを」〈浜松・五〉

たい‐せつ【大切】

[形動][文][ナリ]
もっとも必要であり、重んじられるさま。重要であるさま。「大切な条件」「大切な書類」
丁寧に扱って、大事にするさま。「本を大切にする」「命を大切にする」
急を要するさま。
「―なる事有りて、夜を昼にて上れば」〈今昔・一六・二〇〉
[派生]たいせつさ[名]
[用法]大切・大事――「大切な(大事な)会議」「大切に(大事に)している着物」のように、必要で重んずべきさまの意では相通じて用いられる。◇また、「水を大切(大事)に使う」「友情を大切(大事)にする」のように、かけがえのないものとして心を配り、丁寧に扱うさまの意の場合も両語とも使える。◇「おからだを大切に」「どうぞ、お大事に」などは、ともに日常語ではあるが、「大事」のほうがよりくだけた感じがある。◇「任務の大切さを知る」などでは、「大切」が優勢である。◇「大事」には、根本的な事柄の意もある。「国家の大事」「大事を決行する」◇類似の語の「重要」は、物事・事柄の根本・中心にかかわって重んずべきであるさまを表し、「大切」「大事」よりも文章語的である。「歴史上重要な事件」「重要参考人

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

おおぎり【大切】

歌舞伎の興行で一日の演目の最後につける1幕。縁起を祝って〈大喜利〉とも書く。〈切狂言〉ともいい,ほとんどが舞踊劇。江戸時代,1日1本立てで,それを一番目と二番目に分けるのが作劇の原則だったころは,一番目の最終幕を〈大詰(おおづめ)〉といい,二番目の最終幕を〈大切〉といって道行や舞踊の場面をつけるのが慣例だったが,幕末以後は前幕と関係ない独立した1幕を設けることが多くなった。【松井 俊諭】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

たいせち【大切】

( 名 ・形動ナリ )
たいせつ(大切) 」に同じ。 「ことにおきて-なりければ/著聞 16

たいせつ【大切】

( 形動 ) [文] ナリ 
〔「大いに切せまる」 「切迫する」の意から〕
重要であるさま。肝要。大事。 「 -な点」 「 -な役目」
価値が高いさま。貴重。大事。 「 -な品」 「 -な命」 「 -な資源」
丁寧に扱うさま。大事。 「おからだを-になさって下さい」 「 -に使う」
切迫するさま。緊急を要するさま。 「 -なる事有りて、夜を昼にて上れば/今昔 16
[派生] -さ ( 名 )

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

大切(り)の関連キーワード得を取るより名を取れ男は度胸女は愛嬌インポータント命から二番目折も折とて千鈞の重み点睛を欠く深窓の佳人壺にはまる人は情けただいま小切羽一粒種愛し子道義心宝の君要地愛孫愛器摂養

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大切(り)の関連情報