羇旅漫録(読み)きりょまんろく

世界大百科事典 第2版の解説

きりょまんろく【羇旅漫録】

随筆。曲亭馬琴著。1803年(享和3)刊。馬琴36歳のとき,彼の生涯ただ一度の京坂旅行の記録。往復の道中および京坂摂地方で見聞した奇事,奇談,風俗,流行,古跡,人物などを,ときには図を挿入して,全157条にわたって克明に記している。それらは資料として貴重だが,馬琴にとっても,自国の文化・歴史・民俗についての識見を大きく拡大する機となり,後の著作活動に少なからぬ影響を及ぼした。【高田 衛】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android