コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高橋義孝 たかはしよしたか

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高橋義孝
たかはしよしたか

[生]1913.3.27. 東京
[没]1995.7.21. 東京
ドイツ文学者,評論家。 1935年東京大学独文科卒業後ドイツに留学 (1937~38) ,ドイツ文芸学を中心とする文学理論の研究者となる。 54年九州大学教授,72年名古屋大学教授。ベルリン大学客員教授。文学博士。『文芸学批判』 (48) ,『芸術の秘密』 (49) を経て『文学研究の諸問題』 (58) にいたり,深層心理学を援用した文学理論を完成。ほかに評論『森鴎外』 (54) ,『近代芸術観の成立』 (65) ,『文学非芸術論』 (72) ,T.マンやゲーテの翻訳など。『現代不作法読本』 (58) など随筆も多く,また相撲好きとしても知られ,64年横綱審議委員会委員に就任。 81年より第4代委員長となり,「横綱には風格が必要」と横綱昇進内規を見直す。 90年健康上の理由から辞任。相撲関連の著述も多かった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

高橋義孝【たかはしよしたか】

ドイツ文学者,評論家,随筆家。東京生れ。東大独文科卒。1937年より2年間ドイツに留学しドイツ文芸学を学ぶ。その基盤に立った文学理論を展開,マルクス主義文学理論を批判しつつ,深層心理学を援用して芸術の可能性を無意識の領域に探った《文学研究の諸問題》などで注目を浴びた。
→関連項目山口瞳

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高橋義孝 たかはし-よしたか

1913-1995 昭和-平成時代のドイツ文学者。
大正2年3月27日生まれ。九大,名大,桐朋学園大などの教授を歴任。ゲーテやトーマス=マン研究のほか,評論「森鴎外」(昭和29年読売文学賞)や随筆など,多彩な著作がある。相撲好きの江戸っ子としても知られ,横綱審議委員会委員長をつとめた。平成7年7月21日死去。82歳。東京出身。東京帝大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

高橋義孝の関連キーワードユング(Carl Gustav Jung)マン(Thomas Mann、小説家)カイン・コンプレックス検閲(精神分析)ルーマニア日記デジャ・ビュベニスに死す特性のない男シュトルム高橋 義孝フロイト近代文学白昼夢神経症願望変身空想

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

高橋義孝の関連情報