コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大塚初重 おおつか はつしげ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大塚初重 おおつか-はつしげ

1926- 昭和後期-平成時代の考古学者。
大正15年11月22日生まれ。昭和43年母校明大の教授となる。のち山梨県考古博物館長,山梨県立埋蔵文化財センター所長。古墳文化を研究,48年茨城県虎塚古墳発掘調査をおこない,その保存に尽力。平成2年日本考古学協会会長。東京出身。筆名は大塚幽洞。著作に「日本古代史の謎」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大塚初重の関連キーワード権現山51号墳和田岡古墳群象鼻山1号墳安満宮山古墳稲荷台1号墳久里双水古墳吉野ヶ里遺跡中山大塚古墳西上免古墳東殿塚古墳キトラ古墳三昧塚古墳三津屋古墳島の山古墳賤機山古墳峯ヶ塚古墳三池平古墳下池山古墳稲荷塚古墳弘法山古墳

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大塚初重の関連情報