大塚初重(読み)おおつか はつしげ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大塚初重 おおつか-はつしげ

1926- 昭和後期-平成時代の考古学者。
大正15年11月22日生まれ。昭和43年母校明大の教授となる。のち山梨県考古博物館長,山梨県立埋蔵文化財センター所長。古墳文化を研究,48年茨城県虎塚古墳発掘調査をおこない,その保存に尽力。平成2年日本考古学協会会長。東京出身。筆名は大塚幽洞。著作に「日本古代史の謎」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android