コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古墳文化 こふんぶんか

世界大百科事典 第2版の解説

こふんぶんか【古墳文化】

古墳時代は弥生時代に継続する時代である。弥生時代に始まった農耕生活は,比較的はやく,日本の大部分の地域にひろがっていったが,さらに鍬,鎌などの農具に鉄の刃先を使用するようになるまでには,若干の年月が経過した。やがて鉄器の普及などによって耕地の拡張がさかんになり,生産量はしだいに増大していった。古墳時代は,こうした経済力の上昇が,ついにこの国土に国家としての統治形態の出現を導くにいたった時代である。また,国家的統一の進行にともなって,その統治機構のなかに組みこまれていった首長層と,一般の農民とのあいだにみる生活状態の差違が,大きくひらいてきた時代である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の古墳文化の言及

【古代社会】より

…前方後円墳の前方部が共同体的祭儀の場ではないかと考えられるのも,このような社会構造が反映しているとみるからである。
【古墳文化の社会】
 ひとたび鉄器が直接生産者にわたって生産活動が前進しはじめると,社会構造にも変化をあたえることになる。5世紀後半にはU字型鍬・鋤先とよばれる深耕型の農具が使われるようになり,それまで低湿地を中心に開発されていた水田は,それ以外の灌漑を必要とする土地にまでひろげることができるようになった。…

※「古墳文化」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

古墳文化の関連キーワード二子山古墳〈群馬県前橋市総社町〉日本におけるおもな時代区分後二子古墳ならびに小古墳ウイリアム ガウランド観音塚古墳〈大阪府〉茶臼山古墳〈栃木県〉熊本県立美術館石清尾山古墳群石田川式土器私市円山古墳鹿児島(県)日朝交渉史日中交渉史高久古墳群栃木(県)根曽古墳群ガウランド新富(町)黒姫山古墳金崎古墳群

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

古墳文化の関連情報