コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大塚有章 おおつか ゆうしょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大塚有章 おおつか-ゆうしょう

1897-1979 昭和時代の社会運動家。
明治30年1月22日生まれ。昭和7年東京で共産党にはいり地下活動をおこなう。義兄河上肇の地下潜入をたすけ,党資金獲得のため赤色ギャング事件をおこし検挙されて服役。出獄後は満州映画協会に勤務,敗戦後中国革命に協力し31年帰国。日中友好協会正統派大阪府本部副会長をつとめた。昭和54年9月8日死去。82歳。山口県出身。早大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大塚有章の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android