コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大学ノート ダイガクノート

デジタル大辞泉の解説

だいがく‐ノート【大学ノート】

筆記帳の大きめのもの。ふつうB5判で、主に大学生が好んで使うところからいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

だいがくノート【大学ノート】

大判の筆記帳。普通は B5 判で横書き。大学生の講義筆録用に作られたのでいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の大学ノートの言及

【ノート】より

…1887年(明治20)ころには,鉛筆で記入する雑記帳または帳面と呼ばれた和紙(更紙)製のものが小学生の学習用に用いられた。大学ノートは,1884年に東京大学前の松屋が販売したものが最初といわれる。しかし当時はまだ洋紙が輸入されておらず,更紙製だった。…

※「大学ノート」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大学ノートの関連キーワードクリスティーン ホイットマンサウスベンド取り調べメモ高野 悦子安東文吉ノート横書き列帖装筆記帳

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大学ノートの関連情報