コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大寧衛 たいねいえいDa-ning-wei; Ta-ning-wei

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大寧衛
たいねいえい
Da-ning-wei; Ta-ning-wei

中国,明代の軍隊編制である衛所の一つで,遼の中京大定府,金の北京大定府。元代に大寧路と改め,明代に大寧衛が設けられた。靖難の変に際し,当地に封じられていた寧王権燕王 (のちの永楽帝 ) に襲撃されると,その地は燕王に味方したウリヤンハイ (兀良哈) に与えられ,以来モンゴルハラチン (喀喇沁) 部の拠るところとなった。すなわち熱河平泉赤峰,朝陽などの県の地である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大寧衛の関連キーワード靖難

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android