コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大寧衛 たいねいえいDa-ning-wei; Ta-ning-wei

1件 の用語解説(大寧衛の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大寧衛
たいねいえい
Da-ning-wei; Ta-ning-wei

中国,明代の軍隊編制である衛所の一つで,遼の中京大定府,金の北京大定府。元代に大寧路と改め,明代に大寧衛が設けられた。靖難の変に際し,当地に封じられていた寧王権が燕王 (のちの永楽帝 ) に襲撃されると,その地は燕王に味方したウリヤンハイ (兀良哈) に与えられ,以来モンゴルハラチン (喀喇沁) 部の拠るところとなった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone