コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大屋権平 おおや ごんぺい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大屋権平 おおや-ごんぺい

1862-1924 明治-大正時代の技術者。
文久2年2月22日生まれ。陸軍省御用掛となり,明治19年鉄道技師として東海道線の建設に参加。30年鉄道技監となり,36年から京釜鉄道敷設に工事長として従事。のち鉄道院技監,朝鮮総督府鉄道局長官をつとめた。大正13年3月31日死去。63歳。周防(すおう)(山口県)出身。東京大学卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大屋権平の関連キーワード大正時代

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android