コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大山崎油神人 おおやまざきあぶらじにん

世界大百科事典内の大山崎油神人の言及

【石清水八幡宮】より

…機構としては政所,公文所,達所,供所,馬所,諸奉行(検断奉行,神人奉行など)が存在した。神人(じにん)は本所神人と諸国に存在する荘園・別宮などにいる散在神人に分かれるが,前者は芸能者,手工業者,商人,諸郷民からなり,ことに大山崎油神人は荏胡麻(えごま)の購入独占権を得て荏胡麻を山崎に集荷し製油して販売し,朝廷や幕府から関津自由通行権を付与され営業範囲は畿内一円から九州方面までも及んだ(大山崎油座)。社領は護国寺領,宿院極楽寺領,別当家領,社務領,供僧所司領からなり,12世紀末には西は九州,東は関東にまで広がっている。…

※「大山崎油神人」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone