コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

油座 あぶらざ

5件 の用語解説(油座の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

油座
あぶらざ

鎌倉,室町時代に灯油用の油をエゴマ (荏胡麻) から製造,販売した商人の組織。荘園領主や寺社,大名などからその特権が保護されていた。大乗院の大和符坂,離宮八幡宮の山城大山崎の油座などが有名。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

あぶら‐ざ【油座】

鎌倉・室町時代、主としてエゴマを原料とする灯油を製造・販売した商人の座。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

あぶらざ【油座】

油は中世では社寺や公家がおもに照明(灯火)用に使用したが,灯油を製造,販売した組織が油座である。主として社寺に灯油を献上するなどの奉仕のかわりに,商品として余剰油の販売を許され,関銭免除の特権やエゴマ仕入れ,製造,販売の独占権などの保護や特権を与えられたもので,神人(じにん)(油神人)の身分をもつ者を中心として構成されていた。すでに鎌倉時代の中期,大和国では興福寺大乗院を本所とする符坂油座,摂津国天王寺木村の油座,大和国矢木仲買座が専売権をもち,符坂油座は春日社白人神人として,大和一円に営業上の優越的な地位を確保していた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

あぶらざ【油座】

中世、荏胡麻えごまなどを原料とする油製造および販売を行なった商人の座。山城の大山崎油座が有名。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

油座
あぶらざ

中世の油商人の組織。油は古くからゴマ、エゴマ木の実を原料として製造され、多くは灯油として寺社や公家(くげ)で使用された。油は最初荘園(しょうえん)年貢として徴収されていたが、しだいに徴収が不可能になるにつれて、支配下の商人に調達させることになり、商人も保護を受ける必要性から、寄人(よりうど)や神人(じにん)として大寺社に結集し、平安後期には油座が成立した。座衆は社寺に灯油を献納するなどの奉仕をする一方、余剰油の販売を許され、そのため関銭(せきせん)、津料(通行課役)免除の特権や原料胡麻の仕入れ、製油、販売の優先権を与えられた。とくに石清水八幡宮(いわしみずはちまんぐう)に奉仕した山城(やましろ)大山崎(おおやまざき)油座(油神人)や興福寺大乗院(こうふくじだいじょういん)を本所とした符坂(ふさか)油座(春日(かすが)社白人神人)は有名。戦国時代には従来の油座の多くは衰微し、各地の城下町や寺社に大名保護の油座が成立した。油座は織田信長、豊臣(とよとみ)秀吉のときに破棄を命じられた。[小西瑞恵]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の油座の言及

【油】より

…とくに中世には,灯火用として社寺や公家が使用したため重要な商品となった。当時,油を製造・販売した組織が油座で,社寺を本所として灯油を献上するなどの奉仕のかわりにその保護をうけ,特権を与えられた神人(じにん)(油神人)の身分をもつ者がおもであった。なかでも石清水八幡宮の保護をうけた山城国大山崎(離宮八幡宮)の油座は,とくに鎌倉時代末から室町時代に,京都を中心とした畿内近国や瀬戸内沿岸にかけて,エゴマの仕入れ・製造・販売の独占権や諸国諸関の関銭免除の特権を握って活躍し,大和では興福寺大乗院を本所とする符坂油座が勢力をふるった。…

【大山崎油座】より

…大山崎の地(現,京都府乙訓郡大山崎町)を本拠地として,鎌倉から室町時代を中心に繁栄した大山崎油神人(あぶらじにん)の座。現在の離宮八幡宮に油座関係文書である《離宮八幡宮文書》が所蔵されている。それによると,1222年(貞応1)のものが初見であるが,《明月記》正治2年(1200)の条に藤原定家が山崎の油売の小屋に宿泊したことが見え,平安時代後期の作とされる《信貴山縁起絵巻》飛倉の巻は,校倉に米俵を多く蓄え,問丸の業務を務め,油搾りの締木とかまどを持ち,エゴマ油を製造販売する〈石清水八幡宮の大山崎住神人〉である〈山崎長者〉の姿を伝えている。…

※「油座」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

油座の関連キーワード灯火主にオモニ小荷駄寺社伝奏火影青公家生公家バウンスライト社寺有林

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone

油座の関連情報