コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大山泰弘 おおやま やすひろ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大山泰弘 おおやま-やすひろ

1932- 昭和後期-平成時代の経営者,社会福祉家。
昭和7年11月15日生まれ。父の創業したチョーク製造会社の日本理化学工業に入社。昭和35年から知的障害者の採用をはじめる。49年社長に就任。50年には日本初の知的障害者多数雇用モデル工場を建設,製造過程に工夫をこらし障害者雇用率7割をこすなど知的障害者雇用に貢献。平成20年会長に就任。21年渋沢栄一賞。24年吉川英治文化賞。東京出身。中央大卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大山泰弘の関連キーワード昭和

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大山泰弘の関連情報