コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大岡氏 おおおかうじ

1件 の用語解説(大岡氏の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

おおおかうじ【大岡氏】

近世大名。摂政関白九条教実の庶流が,三河国大岡村に移り,地名を姓としたことより始まるといわれる。忠勝のとき,徳川氏の祖,松平清康・広忠の2代に仕え,その子忠政も家康に仕えて軍功をたてる。その子忠行,忠世,忠吉の3系に分かれるが,忠吉の長男忠章の系統から忠世家に入った忠相が万石に列せられて西大平大岡家をおこし,同じく忠吉の末子忠房の系統から忠光がでて,側用人となり2万石をもらって岩槻大岡家をおこした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の大岡氏の言及

【岩槻藩】より

…この間検地の施行,城および城下の整備,時の鐘の設置など藩体制は整備されたが,81年(天和1)西丸老中板倉重種6万石と交替した。以後82年老中戸田忠昌の5万1000石,86年(貞享3)松平忠周(ただちか)の4万8000石,97年(元禄10)以降老中小笠原長重,長熙父子6万石(入封時5万石),1711年(正徳1)以降永井直敬,尚平,直陳の3万2000石を経て,56年(宝暦6)以後廃藩まで大岡氏が忠光以下8代,115年間在城した。このように永井氏以前は幕閣重職の江戸定府の藩として役替えによる領主交替が激しく,所領範囲も変化し,領民との結びつきは弱かった。…

※「大岡氏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大岡氏の関連キーワード青蓮院宮尊応准后湛如上人五摂家九条殺生関白九条忠家九条教実九条教嗣洞院摂政藤原綸子

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大岡氏の関連情報