庶流(読み)ショリュウ

大辞林 第三版の解説

しょりゅう【庶流】

庶子の系統。庶族。庶系。 ⇔ 嫡流
本家から分家した家筋。分家。別家。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しょ‐りゅう ‥リウ【庶流】

〘名〙
① 庶子の系統。そりゅう。
※読本・椿説弓張月(1807‐11)拾遺「われは原来大日本、天皇の庶流(ショリウ)にて、鎮西八郎源為朝と呼るるもの也」
② 本家から分かれた家柄。分家、別家をした家すじ。そりゅう。〔諸例集‐三・天保三年(1832)七月(古事類苑・政治六三)〕

そ‐りゅう ‥リウ【庶流】

〘名〙 庶子の系統。また、分家・別家などの家系。しょりゅう。〔運歩色葉(1548)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android