コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大島完来 おおしま かんらい

美術人名辞典の解説

大島完来

江戸後期の俳人・伊勢津藩士。通称は吉太郎、号に震柳舎・野狐窟・空華居士等がある。俳諧を二世宗瑞に、のち蓼太に学び、雪中庵の名蹟をついでその四世となった。また能書で聞こえていた。文化14年(1817)歿、70才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大島完来 おおしま-かんらい

1748-1817 江戸時代中期-後期の俳人。
寛延元年生まれ。伊勢(いせ)津藩士。大島蓼太(りょうた)にまなび,のち養子となって天明7年雪中庵4代をついだ。文化14年4月18日死去。70歳。本姓は富増。通称は吉太郎。別号に震柳舎,野狐窟など。編著に「江の島まうで」「藤衣」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大島完来の関連キーワード大伴大江丸川路宜麦大島対山岩波午心完来

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android