コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大島詮幸 おおしま よしゆき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大島詮幸 おおしま-よしゆき

1896-1978 昭和時代の福祉活動家。
明治29年2月7日生まれ。昭和12年郷里長崎県で警察官となり,21年相浦(あいのうら)警察署長を最後に退官。29年佐世保更生保護会の主幹となり,刑余者の更生補導,就職・結婚の世話などにつくした。48年妻シヅヱとともに吉川英治文化賞。昭和53年12月30日死去。82歳。猶興館中学卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大島詮幸の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android