コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大幣神事[宇治] たいへいしんじうじ

1件 の用語解説(大幣神事[宇治]の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大幣神事[宇治]
たいへいしんじうじ

京都府宇治市の県神社(あがたじんじゃ)で毎年 6月8日の午前中に行なわれる厄払いの神事。平安時代藤原氏が宇治郷の静謐を願って始めた道饗祭(みちあえまつり)に始まるとされる。祭りの中心は,先端に黄色の紙を張った傘をつけた 3本の松を三つまた状に挿した全長 6mほどの大幣で,神社前の三つ辻にある大幣殿(泰平殿)での儀式ののち,大幣座の幣差に担がれて,行列とともに角ごとにお祓をしながら,宇治橋から一ノ坂まで盛大な行列が繰り広げられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大幣神事[宇治]の関連キーワード宇治神社京都府宇治市宇治京都府宇治市宇治宇文字京都府宇治市宇治蛇塚京都府宇治市宇治天神京都府宇治市宇治東内京都府宇治市宇治山田京都府宇治市木幡北島京都府宇治市木幡陣ノ内京都府宇治市天神台

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone