静謐(読み)せいひつ

精選版 日本国語大辞典「静謐」の解説

せい‐ひつ【静謐】

〘名〙 (形動)
① 世の中がおだやかに治まること。また、そのさま。
※凌雲集(814)序「属世機之、託琴書而終日」
※日葡辞書(1603‐04)「テンカ イマ xeifitni(セイヒツニ) ゴザル」
② 静かで、落ち着いていること。また、そのさま。
煤煙(1909)〈森田草平〉一九「強い力が籠ってるやうだが、それと共に飽迄静謐だ」 〔嵆康‐琴賦〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「静謐」の解説

せい‐ひつ【静×謐】

[名・形動]
静かで落ち着いていること。また、そのさま。「深夜、書斎に過ごす静謐なひととき」
世の中が穏やかに治まっていること。また、そのさま。「静謐世情

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「静謐」の解説

【静謐】せいひつ

静かで安らか。〔宋書、礼志一〕(太常馮懐の上)况(いは)んや今、陛下を以てに臨み、百官虔恭(けんきよう)を以て事に(のぞ)む。(おそ)れ無く、江外靜謐なり。

字通「静」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

猛暑日

日最高気温が 35℃以上の日。気象庁では 2007年4月から定義し使用を始めた。おもな都市の平年値(1981~2010)は,稚内 0日,札幌 0日,仙台 1日,新潟 3日,東京 3日,名古屋 12日,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android