静謐(読み)セイヒツ

  • 静×謐

デジタル大辞泉の解説

[名・形動]
静かで落ち着いていること。また、そのさま。「深夜、書斎に過ごす静謐なひととき」
世の中が穏やかに治まっていること。また、そのさま。「静謐世情

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

名 ・形動 [文] ナリ 
しずかでおだやかな・こと(さま)。 海上至て-なりしに/花間鶯 鉄腸
世の中が治まっている・こと(さま)。静穏。 世情は-に戻った
[派生] -さ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (形動)
① 世の中がおだやかに治まること。また、そのさま。
※凌雲集(814)序「属世機之静謐、託琴書而終日」
※日葡辞書(1603‐04)「テンカ イマ xeifitni(セイヒツニ) ゴザル」
② 静かで、落ち着いていること。また、そのさま。
※煤煙(1909)〈森田草平〉一九「強い力が籠ってるやうだが、それと共に飽迄静謐だ」 〔嵆康‐琴賦〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

静謐の関連情報