静謐(読み)せいひつ

精選版 日本国語大辞典「静謐」の解説

せい‐ひつ【静謐】

〘名〙 (形動)
① 世の中がおだやかに治まること。また、そのさま。
※凌雲集(814)序「属世機之静謐、託琴書而終日」
※日葡辞書(1603‐04)「テンカ イマ xeifitni(セイヒツニ) ゴザル」
② 静かで、落ち着いていること。また、そのさま。
煤煙(1909)〈森田草平〉一九「強い力が籠ってるやうだが、それと共に飽迄謐だ」 〔嵆康‐琴賦〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「静謐」の解説

せい‐ひつ【静×謐】

[名・形動]
静かで落ち着いていること。また、そのさま。「深夜、書斎に過ごす静謐なひととき」
世の中が穏やかに治まっていること。また、そのさま。「静謐世情

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ダブルスタンダード

〘名〙 (double standard) 仲間内と部外者、国内向けと外国向けなどのように、対象によって異なった価値判断の基準を使い分けること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android