大延坪島事件(読み)だいえんぺいとうじけん

百科事典マイペディアの解説

大延坪島事件【だいえんぺいとうじけん】

延坪島(ヨンビョンド)は韓国京畿湾北西部の有人の島で大と小の二島の総称。南北軍事境界線に近い。2010年11月23日午後,北朝鮮人民軍が突如大延坪島に向けて砲撃を開始。砲弾約170発のうち80発が同島に着弾し,韓国海兵隊員2名と民間人2名が死亡,海兵隊・民間人合わせて19名が負傷,家屋と山林が火災にあった。韓国政府はただちに住民を仁川市に避難させ,反撃した。韓国の軍事訓練と,予定されていた韓米合同軍事訓練に対する,北朝鮮軍の反発と牽制の現れと見られる。
→関連項目大韓民国朝鮮民主主義人民共和国

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大延坪島事件の関連情報