コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大忍荘 おおさとのしょう

1件 の用語解説(大忍荘の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

おおさとのしょう【大忍荘】

土佐国香美郡東部(現,高知県物部村,香我美(かがみ)町)の荘園。古代の大忍郷が荘園化したもので,領主史料を欠くため立荘・伝領の事情はよくわからないが,鎌倉時代に北条氏,極楽寺有栖川家,熊野社との関係がみられ,南北朝初期には熊野新宮の造営料所,室町に入っては細川氏,京都の臨済宗寺院の支配が想定される。阿波国境から土佐湾に至る広大な辺境型荘園である当荘は,平野部で政所の置かれた山北・山南・徳王子・岸本,丘陵性地形の東川・西川,山岳地帯である槙山に三分され,東川・西川・槙山では各専当職が現地の荘務に当たった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大忍荘の関連キーワード高知平野三嶺物部川香美土佐本土佐竜河洞物部全敷女夜須行宗

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone