コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大忍荘 おおさとのしょう

世界大百科事典 第2版の解説

おおさとのしょう【大忍荘】

土佐国香美郡東部(現,高知県物部村,香我美(かがみ)町)の荘園。古代の大忍郷が荘園化したもので,領主史料を欠くため立荘・伝領の事情はよくわからないが,鎌倉時代に北条氏,極楽寺,有栖川家,熊野社との関係がみられ,南北朝初期には熊野新宮の造営料所,室町に入っては細川氏,京都の臨済宗寺院の支配が想定される。阿波国境から土佐湾に至る広大な辺境型荘園である当荘は,平野部で政所の置かれた山北・山南・徳王子・岸本,丘陵性地形の東川西川,山岳地帯である槙山に三分され,東川・西川・槙山では各専当職が現地の荘務に当たった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android