コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大日本豊秋津洲 オオヤマトトヨアキツシマ

デジタル大辞泉の解説

おおやまと‐とよあきつしま〔おほやまと‐〕【大日本豊秋津洲】

《秋の実り豊かな大和の島の意》本州の美称。また、日本国の美称。とよあきつしま。
「次に―を生みき」〈・上〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

おおやまととよあきづしま【大日本豊秋津洲】

日本国の古称。偉大な日本の豊かな実りの国の意。ヤマトは奈良県の三輪山近辺を〈山のある所〉としてヤマトの名がついたもので,以後主に都が大和に置かれたので,日本国の総称となった。アキヅシマも阿岐豆野(あきづの)(吉野郡吉野町宮滝から対岸の御園一帯か)から日本国をさすようになった。雄略天皇に蜻蛉(あきづ)の功績によってアキヅシマヤマトと言えという国名起源説話の歌がある。【西宮 一民】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

おおやまととよあきつしま【大日本豊秋津洲】

〔豊穣の秋の島の意〕 本州の美称。また、日本国の美称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

大日本豊秋津洲の関連キーワード国生み神話大八洲

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android