大明橘(読み)タイミンタチバナ

デジタル大辞泉の解説

たいみん‐たちばな【大×橘】

ヤブコウジ科の常緑小高木。葉は互生し柄があり、革質で細長い。雌雄異株。4月ごろ紫がかった白い小花が密生して咲く。本州中部以南の海に近い山林中に分布。ひちのき。そげき。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

たいみん‐たちばな【大明橘】

〘名〙 ヤブコウジ科の常緑小高木。本州の関東南部以西、四国、九州の海に近い山林中に生える。幹はふつう高さ二~三メートル、径一〇センチメートルだが、高さ七メートル、径二五センチメートルに達するものもある。全株無毛で、枝は長く伸びる。葉は互生し柄があり、長さ八~一五センチメートルの狭長楕円形で全縁。雌雄異株。春、前年の葉腋に淡緑白色の小花を束生する。果実は径六センチメートル程の球状晩秋紫黒色に熟す。ひちのき。そげき。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アイントホーフェン

オランダの生理学者。旧オランダ領ジャワ島のスマランに、陸軍軍医の子として生まれた。陸軍の給費学生としてユトレヒト大学に学び、医師となった。1886年ライデン大学の生理学教授に任ぜられ、兵役を免除された...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android