コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大星由良助 おおぼし ゆらのすけ

1件 の用語解説(大星由良助の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大星由良助 おおぼし-ゆらのすけ

浄瑠璃(じょうるり)「仮名手本忠臣蔵」の登場人物
伯州の城主塩冶判官(えんやはんがん)家の筆頭家老。高師直(こうの-もろなお)との争いから切腹を命じられた主君の仇(あだ)討ちを計画指揮し,師直を討ちとる。播磨(はりま)(兵庫県)赤穂(あこう)藩士の仇討ち事件をもとに2代竹田出雲(いずも),三好松洛(しょうらく),並木宗輔(そうすけ)が合作脚色した。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の大星由良助の言及

【赤穂浪士】より

…近松門左衛門は《太平記》の世界の話ということでこの討入事件をとりあげ,《兼好法師物見車(ものみぐるま)》に続けて,1710年(宝永7)には《碁盤太平記》を上演した。吉良上野介義央を高師直に,浅野内匠頭長矩を塩冶(えんや)判官に,大石内蔵助(くらのすけ)を大星由良助(ゆらのすけ)として登場させている。また,討入りから47年目の1748年(寛延1)に義士たちを描いた代表的な人形浄瑠璃が書かれた。…

【大石良雄】より

…1702年(元禄15)12月14日,長矩の遺臣を率いて吉良邸に討ち入り目的をとげたが,幕府から切腹を命じられ翌年2月4日に死んだ。【田原 嗣郎】 大石良雄は赤穂浪士の討入りに取材した〈忠臣蔵物〉の作品群の中心人物で,大星由良助(ゆらのすけ)の名で親しまれている。《仮名手本忠臣蔵》においては,廓遊びもするが人の心の奥底を見抜く明知と武士としての強固な意志をそなえ,心の広い大人物として描かれている。…

※「大星由良助」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大星由良助の関連キーワード素浄瑠璃仮名手本九段目浄瑠璃座浄瑠璃本難波浄瑠璃床浄瑠璃六段目一力茶屋竹本長門太夫(初代)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大星由良助の関連情報