コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大村純煕 おおむら すみひろ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大村純煕 おおむら-すみひろ

1831*-1882 幕末の大名。
文政13年11月21日生まれ。大村純昌(すみよし)の8男。兄純顕の養嗣子となり,弘化(こうか)4年肥前大村藩(長崎県)藩主大村家12代。イギリス式兵制を採用し海防に力をそそぐ。文久3年長崎総奉行。戊辰(ぼしん)戦争では新政府軍に属し東北各地を転戦した。明治15年1月12日死去。53歳。初名は利純。通称は修理。号は台山。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大村純煕の関連キーワードムーニエチャイコフスキー(Pyotr Il'ich Chaykovskiy)ボアソナード早稲田大学ペドロクールノサボイア家ゴローブニンジョードンバード

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone