コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大樋勘兵衛(2代) おおひ かんべえ

1件 の用語解説(大樋勘兵衛(2代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大樋勘兵衛(2代) おおひ-かんべえ

1751/57-1839 江戸時代中期-後期の陶工。
宝暦元/7年生まれ。初代大樋勘兵衛の3男。大樋焼4代。加賀金沢藩主前田重教(しげみち),斉広(なりなが)につかえ,大樋焼では技術的にもっともすぐれていたとされ,茶の湯に造詣(ぞうけい)がふかかった。銘は「大樋」のほか,「お本ひ」をもちいた。天保(てんぽう)10年10月27日死去。83/89歳。加賀(石川県)出身。号は土庵。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大樋勘兵衛(2代)の関連キーワードタンジマート宝暦新宮凉庭三遊亭円朝(初代)ギュルハネ勅令アメリカ音楽茶室一覧エレキテル片岡仁左衛門西川扇蔵

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone