コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大橋宗桂(1) おおはし そうけい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大橋宗桂(1) おおはし-そうけい

1555-1634 織豊-江戸時代前期の将棋棋士。
弘治(こうじ)元年生まれ。京都の人。織田信長,豊臣秀吉,徳川家康らにつかえ,桂馬の使い方がたくみで信長から宗桂の号をうける。囲碁と将棋の司(つかさ)の本因坊算砂(さんさ)の弟子で,その師弟対局の将棋棋譜が現存する最古の棋譜。慶長17年算砂から将棋所をゆずられ,1世名人となる。寛永11年3月9日死去。80歳。名は宗慶。号ははじめ宗金。著作に「象戯(しょうぎ)図式」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大橋宗桂(1)の関連キーワード弘治陶晴賢陶晴賢の妻ウィクラム天文葛山城大橋宗桂大橋宗桂大橋宗桂大橋宗桂

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone