コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大橋宗桂(1) おおはし そうけい

1件 の用語解説(大橋宗桂(1)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大橋宗桂(1) おおはし-そうけい

1555-1634 織豊-江戸時代前期の将棋棋士。
弘治(こうじ)元年生まれ。京都の人。織田信長,豊臣秀吉,徳川家康らにつかえ,桂馬の使い方がたくみで信長から宗桂の号をうける。囲碁と将棋の司(つかさ)の本因坊算砂(さんさ)の弟子で,その師弟対局の将棋棋譜が現存する最古の棋譜。慶長17年算砂から将棋所をゆずられ,1世名人となる。寛永11年3月9日死去。80歳。名は宗慶。号ははじめ宗金。著作に「象戯(しょうぎ)図式」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大橋宗桂(1)の関連キーワード織田信益加藤景貞順専城意庵正玄正山雪林等木古田斎宮(初代)和田兵斎

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone