コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

陶晴賢の妻 すえ・はるかたのつま

1件 の用語解説(陶晴賢の妻の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

陶晴賢の妻

没年:弘治1(1555)
生年:生年不詳
戦国時代武家の女性。名は大方。周防国(山口県)の武将であった夫晴賢は,弘治1(1555)年に毛利元就と厳島で戦い,敗走後自殺した。厳島に渡ろうとする夫をいさめたが,聞き入れられず,代々の家士五十余人と神水をすすって死を誓っていた妻は,その報を聞いて自ら戦に臨もうとするが押しとどめられ,居城に帰る途中,輿の中で自殺したという。

(真下道子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

陶晴賢の妻の関連キーワード常盤少将武家方武家屋敷大方殿道具衆咄衆弓衆市川局妙喜

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone