大橋宗英(読み)おおはし そうえい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大橋宗英 おおはし-そうえい

1756-1809 江戸時代中期-後期の将棋棋士。
宝暦6年生まれ。大橋宗順の子。安永2年大橋分家6代となり,7年から御城将棋をつとめる。寛政11年将棋所9世名人となる。棋道中興の祖といわれ,現在の将棋の定石宗英にはじまったとされている。文化6年11月17日死去。54歳。江戸出身。初名は七之助。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android