コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

定石 じょうせき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

定石
じょうせき

囲碁用語。布石の段階で隅に現れる形。双方最善を尽し,互角に分れて一つの基準になったもの。基本的な形を基本定石,手数が多くむずかしい変化を含むものを難解定石,新しいものを新定石などという。三三,星,小目 (こもく) ,高目 (たかもく) ,目はずしの5種に大別されるが,ほかに特殊な形もある。たとえば小目はさらに一間ばさみ,二間高ばさみなど多くの形に分れ,定石の数は 3000ぐらい,変化図を入れると数万以上に及ぶ。権威のある定石辞典として鈴木為次郎の『囲碁大辞典』 (3巻,1957) がある。碁が盛んになるにつれ,定石は布石とともに碁以外の一般用語にも使われるようになった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

じょう‐せき〔ヂヤウ‐〕【定石/定跡】

(定石)囲碁で、昔から研究されてきて最善とされる、きまった石の打ち方。
(定跡)将棋で、昔から研究されてきて最善とされる、きまった指し方。
物事をするときの、最上とされる方法・手順。「―を踏んだ捜査手順」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

定石の関連情報