コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大橋鎭子 おおはししずこ

1件 の用語解説(大橋鎭子の意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

大橋鎭子

編集者、エッセイスト。「暮しの手帖」社社主・前社長。1920年3月10日、東京生まれ。小学5年生の時に父を結核で亡くす。37年、株式会社日本興業銀行に入社後をしたがすぐに退職し日本女子大学に入学。1年時に肺結核で中退する。静養した後、37年に創刊された「日本読書新聞」に入社、戦前から戦後、一貫して編集に携わる。46年、衣裳研究所を設立。社長となり、雑誌「スタイルブック」を発行。48年、「美しい暮しの手帖」の創刊に参加し、51年、社名を「暮しの手帖社」に変更。同誌は広告を排除し、衣食住テーマに、中立の立場から商品評価や生活提案などを行い話題となった。69年より同誌にてエッセイ『すてきなあなたに』を連載し、その業績により94年、第10回東京都文化賞を受賞した。78年、同誌編集長に就任。2004年、社長の座を譲り社主となる。13年3月23日、肺炎により死去。享年93。

(2013-4-3)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大橋鎭子の関連キーワード小林冬青花森安治エッセイストエッセイ記念日暮しの手帖モイストボディモイスト バスエッセンス大橋鎮子白石公子内田洋子《美しい暮しの手帖》

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大橋鎭子の関連情報