大江健三郎賞

デジタル大辞泉プラスの解説

大江健三郎賞

日本の文学賞のひとつ。講談社の創業100周年と、ノーベル賞作家の大江健三郎の作家生活50周年を記念して創設。同社が主催、大江が選考委員をつとめるという形で、前年度に刊行された書籍の中から大江が“文学の言葉”としての可能性・成果を認めた作品を選出。受賞作は英・仏・独語のいずれかに翻訳され、世界で刊行されるという珍しい賞だった。2007年発表の第1回受賞作は長嶋有夕子ちゃんの近道」。第8回で終了。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大江健三郎賞の関連情報