コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大江志乃夫 おおえしのぶ

百科事典マイペディアの解説

大江志乃夫【おおえしのぶ】

歴史家。専門は日本近現代史。大分市に生まれる。陸軍幼年学校,陸軍予科士官学校をへて陸軍航空士官学校在学中に敗戦。名古屋大学経済学部を卒業。1975年,東京教育大学教授。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大江志乃夫 おおえ-しのぶ

1928-2009 昭和後期-平成時代の日本史学者。
昭和3年2月8日生まれ。東京教育大教授をへて,昭和51年茨城大教授。近現代史を研究,とくに日露戦争など近代軍事史にくわしい。60年はじめての小説「凩(こがらし)の時」で大仏次郎賞。平成21年9月20日死去。81歳。大分県出身。名大卒。著作に「日露戦争の軍事史的研究」「明治国家の成立」「日本の参謀本部」「兵士たちの日露戦争」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大江志乃夫の関連キーワード地租改正反対一揆鳩山一郎内閣池田勇人内閣瀬戸口藤吉蠣崎富三郎桜井忠温安保闘争木口小平伊勢暴動日本陸軍統帥権徴兵令歴史家橘周太戒厳

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android