コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大江斉光 おおえの ただみつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大江斉光 おおえの-ただみつ

934-987 平安時代中期の公卿(くぎょう)。
承平(じょうへい)4年生まれ。大江維時(これとき)の次男。文章生から東宮学士,大学頭(だいがくのかみ),式部大輔(たいふ)などをへて天元4年参議となる。寛和(かんな)2年正三位,参議兼左大弁。近江(おうみ)(滋賀県)などの国司蔵人頭(くろうどのとう)をつとめ,能吏として知られた。永延元年11月6日死去。54歳。名は「なりみつ」ともよむ。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大江斉光の関連キーワード寂照(寂昭)寂照承平

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android