コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大江磐代 おおえ いわしろ

2件 の用語解説(大江磐代の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大江磐代 おおえ-いわしろ

1744-1813* 江戸時代中期-後期,光格天皇の母。
延享元年生まれ。岩室宗賢の娘。閑院宮典仁(すけひと)親王の側室となり,祐宮(光格天皇),寛宮(盈仁(えいにん)入道親王)らを生む。寛政6年典仁親王の死去により仏門にはいり,蓮上院と号した。文化9年12月9日死去。69歳。伯耆(ほうき)(鳥取県)出身。幼名は阿鶴(おつる)。名は留子。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

大江磐代

没年:文化9.12.9(1813.1.11)
生年:延享1(1744)
江戸中・後期,光格天皇生母。聖護院門跡家臣法橋岩室(本姓大江)宗賢と林子の娘。幼名はお鶴,のち留子。磐代は女房名。伯耆国(鳥取県)倉吉で生まれ,9歳で父と共に上京。美貌で和歌,書にすぐれたといわれる。閑院宮家に仕え,典仁親王との間に祐宮(光格天皇),寛宮(聖護院宮盈仁親王)ら5王子を儲ける。親王没後,薙髪して蓮上院と号した。墓所は京都廬山寺。<参考文献>辻善之助「光格天皇の御生母磐代君」(『日本文化史』別録4)

(久保貴子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大江磐代の関連キーワード聖護院宮覚助法親王聖護院宮道晃法親王聖護院道澄准三后聖護院宮嘉言親王杉本坊玄快聖護院道澄嘉言親王聖護院大根聖護院蕪盈仁入道親王

大江磐代の関連情報